【健康】健康ってなんだろう?どういうことだろう?

0

    JUGEMテーマ:健康

     

    健康 ヘルスケア メンタルヘルス 健康とは ヘルスケアとは 幸福感とは 幸せとは おもしろ情報 面白情報

     

     

    毎日のように耳にする言葉の一つ。

     

    「健康」

     

    テレビをつければ必ずといっていいほど健康食品や健康器具のCMが流れている。

     

    でも、(ゲシュタルト崩壊するほどではないが…)毎日のように耳にするからこそ

    健康とは?健康って一体なんだろう?どういうこと?と疑問が生じる。

     

     

    世界保健機関 WHOの憲章では,

    健康とはただ疾病や傷害がないだけでなく,肉体的,精神的ならびに

    社会的に完全に快適な状態であること」と定義されている。

     

    また、その定義のつづきには

    「個人の健康条件としては、疾病のないこと,食欲が十分あり便通がよいこと,

    元気がよく疲れにくいこと,睡眠が十分とれること,抵抗力があり病気にかかりにくいこと,

    姿勢がよく身体の調和がとれていること,発育が正常であること」とある。

     

     

    もちろん、世界保健機関 WHOの定義なのでそれが確かだろう、と言ってしまえばそれまでだが、

    「肉体的,精神的、社会的」という定義のうちどの部分に主眼を置くか

    意見が分かれるところだ。

     

    別に世界保健機関 WHOの定義を批判否定するつもりは全くないが(趣旨はそこではない)

    もしも「肉体的……に完全に快適な状態」が主であるとすれば、

    慢性的な疲労や睡眠不足を抱えている社会人のほとんどは不健康になるのではないか?

    少なくとも自分自身、肉体的には完全に快適とは程遠い。

     

    そして、慢性的な疲労や睡眠不足から逃れるために、仕事を減らすなり辞めるなりすれば、

    その後、貧困に陥る可能性があり結果「社会的に快適な状態」から離れる恐れすらあるのではないか。

     

     

    上記に加え、ここで少し極端な例を挙げてみたい。

     

    例えば、生まれつき障害を持っている方がいたとする。

    でも、その方が自分にできることを精一杯やって充実した楽しい毎日を送っているとする。

    その方の積極的前向きな姿勢に多くの方が励まされ元気をもらっているとする。

    (実際、私の友人の中にも障害をもってはいるが障碍者スポーツの代表に入り各国を

    回っている方がいるし、その方と話してみるといつも笑顔でいて、とても力づけられる)

     

    そうした方に、

    「あなたは障害があるから”肉体的に完全に快適な状態”ではない。だから健康ではない」

    と言えるだろうか。

     

    私は言えないし、そんなことを言う権利はないと思う。

    また、そんなことを言う必要自体感じないし、それを言おうと思う精神が不健全に感じてしまう。

    (あくまで私はそう思う)

     

    これはもちろん極端な例だし、無論障碍を持って生まれてきたということ自体がハンディキャップ

    障碍自体はその方の人生の選択肢を奪っているという見方は正論だとも感じる。

     

    かといって、現時点で

    「充実した楽しい毎日を送っている」なら

    それはそれである意味健康じゃないかと思うのだ。

     

     

    せっかくなので、もう一つ極端な例にお付き合いいただきたい。

     

    生まれつき全盲(目が全く見えない)の方がいたとする。

    その方は点字、エコーロケーション(反響音で周囲を識別する)を覚え

    仕事にもつき、自分で生計を立てているとする。

    (実際、生まれつき全盲だが仕事にもつき、自分で生計を立てている知人友人がいる)

     

    その方は、自分には目が見えない以外のハンデはない、目が見えなくても

    他の感覚が鋭敏なので健常者よりもいろんなものが”見える”とすら言うかもしれない。

    (実際、全盲状態を擬似体験する「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」という企画は

    多くの反響を呼び、社員教育のために活用する会社もあるという)

     

    だが、最新の医療テクノロジーの研究者であれば、脳の画像処理を行う電気信号を

    人工的に作るシステムを開発し、全盲の方にもなんとか視覚情報を認識させられないかと

    考えるだろうし、それが全盲という障害への救いだと考えて研究に没頭することだろう。

     

    この場合、全盲だからこそ見えることがある=つまりは「健康だ」という意見も

    なんとかして全盲の方を助けたい=「助けが必要だから健康ではない」という意見も

    どちらも正論だと感じてしまう。

     

    もちろん、最新の医療テクノロジーの研究者を、人の幸福感まで決めようとする

    傲慢な姿勢の持ち主だと言いたいわけでは決してない。

     

     

    こうして考えてみると本当に、健康って一体なんなんだろうか?という疑問が尽きない。

     

     

    ちなみに、私自身が現時点でたどり着いたシンプルな回答は、

    「毎日を充実して、楽しく過ごせていれば健康」というものだ。

     

    つまり、

    ・すっきり起きれる

    ・ごはんがおいしく感じる

    ・自分のまわりの景色がきれいに感じる

    ・イライラするより理解して思いやることができる

    ・ぐっすり眠れる

    ・明日を迎えるのが楽しみでいられる

     

    そんな普通の生活ができれば(普通じゃなくて、そうとう幸せなのかもしれないが)

    「充実して、楽しく過ごせている健康」な状態ではないか、と思う。

     

    体のどこかに何か患いがあるとしても、上記のような思いで生活できていれば健康

    逆に体のどこにも患いがないとしても、過剰なストレスなどで上記のように思えないなら

    不健康ではないか、ということだ。

     

     

    これは、あくまで私が現時点でたどり着いた回答に過ぎないことは改めて伝えたい。

    (つまり、これが正解だと押し付けるつもりは毛頭ないし、今後考えが変わる可能性もある)

     

     

    ただ、もしこれが正解とかではなく、せめて間違っていないのであれば、、、

    充実して楽しく過ごすために最低限必要なのは能動的であることに尽きる。

     

    つまり、自分で考え、選択、行動し、その結果を理解し受け入れて進んでいく。

     

    他の人が自分の生活をコントロールするのではなく、

    自分が能動的に生活をコントロールしていく

     

    そのことが充実した楽しい生活につながり、結果健康につながるのではないかと思う。

     

     

    まぁ、WHOの憲章からおいしいとこ取りした個人的見解、

    つまり定義文の中の「精神的に完全に快適な状態」の部分だけが重要と言ったのと同じ、と

    取られると若干悔しいが、、、まぁそれはそれで一つの意見として受け入れたい。

     

     

    ただ、充実して楽しく過ごすために能動的であることが必要というアプローチが

    間違ったものでないことを望む。

     

    能動的であるためには、

    ・自分が興味をもったことを恐れずに調べやってみる、

    ・何でも良いので趣味を充実させる(趣味の定義自体を自分で決めてしまえ!)

    ・好奇心だけでなく知識欲を持つ。

     

    上記が重要だと思っている。

     

    ※無論、依存性中毒性のあるものや公序良俗に反するもの、自己破滅的行為を

    避けたうえでの能動的な選択であることは言うまでもない。

     

     

    繰り返しになってしまい申し訳ないが、

    私を含め、多くの方が慢性的な疲労や寝不足など

    何かしら肉体的に快適でない日常を経験をしているからこそ、

    趣味や好奇心、知識欲を満たすことで「充実して、楽しく過ごす」という

    健康の形を実現したいし、してもらいたい。

     

     

     

    ちなみに、健康と幸福論をごっちゃにしていないかというツッコミがあるかもしれないが、

    幸福でいたいからこそ健康を追い求めるという観点で考えれば、

    健康と幸福論はかなりの部分つながりがあり、完全に切り離して考えるのは困難である。

    そのため混ぜてしまった部分があることは否定できないし、その上で改めて理解を求めたいと思う。

     

     

    ……と、なんやかんや書きましたが、

    ある意味、当ブログの根底にある考えを述べさせていただきました。

     

    その上で、趣味や好奇心、知識欲を満たすのに役立つ情報=ヘルスケアの一面だと思うので、

    それらを今後も頑張って発信していきたいなぁと。

     

     

    ※WHO世界保健機関の皆様に何か物申したいわけでは決してありませんのでご了承ください。

     

     

     

    気に入っていただけましたらシェアしていただけますと幸いです。

    また、お気に入り登録やたまにでかまいませんので当ブログをのぞいていただけますと嬉しいです。

     

    お読みいただきありがとうございました。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    ❤人気商品❤

    ❤人気商品❤

    ❤人気商品❤

    ❤人気商品❤

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM